Dec 14, 2017

大根って何センチ?&大根のリンゴ酢漬け

我が家は週に1~2回ほど
朝収穫した野菜を配達してもらっています。
新鮮でとても美味しく、子どもも野菜を沢山食べてくれます。

寒くなり大根は週ごとに大きくなってきています。
先週は2本頼んだのですが、だいぶ大きくて。
使い切るのに最後はべったら漬けにしました。

今週は、スーパーでは見たことがない超特大サイズで
根っこの部分だけで56cmもありました。

一番ひんやりするのが玄関なので、
玄関に大根をどーんと置いていたら

帰宅した息子が大根みるなり
「デカっ」と
言っているのが聞こえました。

娘にも同じような反応をしていたので、
持たせて重さを確かめてみてもらいました。

頑張って抱っこしながら「重たい~」とのこと。

ついでに
昨夜は子どもと大根の白い部分の長さ推測ゲームをしました。

72cm、80cm、と言い合っていましたが、
葉は含まないので、そこまではありませんでした。残念
でもおおきい~!!!!

以前大きい上に葉がついたものがあったのですが、
その時が80cmぐらいだったので、それを覚えていたのでしょう。

今週は飛び抜けて大きいと聞いていたので
1本にしたのですが、正解でした。

いくら沢山食べているとはいえ、このサイズ2本は持て余します。
蜜柑と比べてみてください。

大根のリンゴ酢漬け

大根はどんどん甘みが増してきています。

最近は箸休めにもなるので甘酢漬けにして作り置きしています。

以前は、ミツカンのカンタン酢を紹介されて一度使ってみまして。
切って和えておくだけの手軽さがとても良いんだけど、ちょっと甘味が濃ゆいなと。

この味ならば~と思い立ったのが、リンゴ酢!
塩漬けした大根をリンゴ酢とアガベシロップで漬けるだけ!にアレンジしました。
我ながらカンタンで素晴らしい!

◆大根のリンゴ酢漬け

1)10cmぐらいの大根を厚さ1cm、長さ4cm程度の食べやすい大きさに

2)そこに塩をまぶして揉み込みしばらくして水が出たら絞ります

3)それをリンゴ酢とアガベシロップの液体に半日以上つけ込む

※リンゴ酢は大根にかぶる程度。アガベシロップはお好みの量。
味見をすると味が決まりやすいです。

※細く切った柚子の皮を入れても◎

我が家では、つけ込み液を使い回しています。
一度使っておしまい、にするのはもったいなくて。

色々調べたところ
濃度が薄くなったら鍋で火入れをしてから、
更にリンゴ酢やアガベシロップを足しておけば、
半永久的に使えるとか!?

そこらへんは自己判断でどうぞ~。

使い回すのが気になるようならば、煮物などに使うと良いですね!

Posted in レシピ, 食育Comments Closed 

関連記事