Oct 27, 2016

ラフ指定あり弁当

こんにちは、味噌ソムリエの峰村です。
先日、娘からこんな絵を見せられました。

この絵は、後日遠足に持っていくお弁当の中身だとのこと。

私は仕事でラフを作ることはありますが、それを彼女も見ていたのでしょうか。まさか弁当の中身のラフを貰うとは思いませんでした・・・。
(おいしい)キャラ弁は(時間も惜しいので)作れない!とキャラ弁作りは断固拒否してきた私ですが、最小限の努力で変わらない味をと思った時に自分でも妥協できたのはパンダおにぎり(以下写真)でした。

しかし、今回はパンダおにぎりではなく、梅干しが入ったご飯と、ハンバーグ、卵、ブロッコリー、トマトの指定がされていました。

 

何をつくるか決まっていない日の夕飯は作るまでに時間がかかり苛立つことがあります。しかし、予め何を作るか決まっていれば後は手を動かすだけなので、お弁当の指定は案外有りだと感じました。

しかも、パンダおにぎりさえしなくて良いということなので、とても時間短縮になりました。

今回は1日限りのお弁当ではありましたが、毎日お弁当作りが必要だという友達は2週間分の献立作って回していると聞きました。私も次のお弁当週間からはこれまでの履歴から献立を決定し、そのように作ろうかと思います。

 

仕上がったお弁当


そして、遠足当日の朝(6時)キッチンに立つ私に向かって、
「お弁当よろしくお願いします。」とぺこりとお辞儀をしながら言われました。

そんな仕込みするなんて、保育園の先生かしら・・・?と笑ってしまいました。

お弁当を作っていると、娘は何かできることないかと何度か聞いてきます。色々やりたいのでしょうね。卵を溶いて貰い、ご飯を詰め、梅干しをのせ、お弁当に良さそうなサイズのブロッコリーの選別をお願いしました。そんなこともあり今回のお弁当づくりより、子どもができる手伝いとしておかずを詰めて貰うことにしました。Nさんのお宅を真似させていただきます。ありがとうございます☆

おかげ様で、娘の満足度は高まりとても良い朝になりました。

お弁当の指定ラフでは、ハンバーグにはケチャップがついていて、卵は飾り切りをしたゆで卵という指定でしたが、諸般の事情で、ケチャップナシのハンバーグに、だし巻き卵+しろたまり、ブロッコリー、トマト、梅干しごはん、それと指定になかった煮カボチャを投入!

 

ボクのお弁当

子ども達が自分のお弁当を自分でつくれるように--、という私なりのテーマがあります。お弁当をある程度決まった時間内で作ることは、段取りを考えねばなりません。ただ作るだけではなく、そういうところにも良い学びがあると思っています。

お世話になった&なっている保育園の食育指導では、体を作る赤い食べ物、熱をつくる黄色いたべもの、調子をととのえる緑の食べ物と、食事の時間やその他の時間で触れてくださっているので、自宅でも夕飯を前にしながら分類してもらいます。この食育指導はとても有益で、献立(お弁当や夕飯)を考える際に役立つものになるでしょう。ありがたい限りです。

本ブログのカテゴリに「お弁当」と作ったのは、彼らのお弁当作り達成度合いをレポートすることと、私が指導をサボらないようにと思ってのことなのに、ここのところは思うように進められておりませんでした。

でも、お弁当の機会も増えるため可能な範囲で進めることにしました。

娘に関しては包丁指導がまだ完璧ではないので、しばらくはおかずを詰めることと時間のあるときに包丁指導となりそうですが、そろそろ彼らにはおかず作りを伝授していこうと企み中なのでした。

広いキッチンが欲しいな。

Posted in お弁当, 食育Comments Closed 

関連記事