Mar 9, 2020

冷凍ご飯を美味しく食べつつ、ラップの使用量を減らす話

みそソムリエの峰村です。

いつも炊いたご飯はガラスの容器にしまっていたのですが、
サイズが大きくて冷凍すると2.5人分ぐらいになるので使いにくく。
ガラス容器と併用で、いつの間にかラップを使うことも増えてしまっていました。


そこで思いついたのがWECKの小さいサイズ。
炊き立てご飯をWECKに入れてガラスの蓋をし、冷えたら冷凍(か冷蔵)します。
電子レンジで温めなおして食べてみると、
ラップに包んでいた時よりもダントツに美味しいのです。

しかも、一人分ずつにしているので別途容器を出す必要がなくそのまま食べられます。
ガラスが厚いので温めても容器が素手で持てるのも良いところです。

ご飯の重さは、お茶碗1杯で約150gで大盛りの場合は200〜240gくらいが目安です。
WECK Mold Shape 250にご飯を蓋が閉まる程度に盛ると144gでした。
計量せずに一膳分になる優れものなのです。

炊いた量にもよりますが、若干少なめに盛るものもつくりつつ使えるので
WECK Mold Shape 250はうちには無くてはならない存在です。

嬉しいことにラップの減りも少なくなりました。
もしかしたら、うちに無くても済むのかな?そう思い始めています。

Posted in SDGs, ライフスタイルComments Closed 

関連記事