Jul 19, 2018

オキシクリーン(酸素系漂白剤)で水筒を清潔にする

みそソムリエの峰村です。

暑い季節になり、水筒を持ち歩く方も多いのではないでしょうか?

毎日使っていて気になるのは、水筒の茶渋や汚れ。塩素系漂白剤は綺麗になりますが臭いがつらくて苦手です。その点、酸素系漂白剤なら臭いなく酸素の泡で綺麗にする事ができます。

移し替えてしまった後なので袋だけですが、こちらもオキシクリーン同様のもの

移し替えてしまった後なので袋だけですが、こちらもオキシクリーン同様のもの


タイトルに、オキシクリーンと書きましたが、過炭酸ナトリウムや、酸素系漂白剤も同じものです。過炭酸ナトリウムや酸素系漂白剤、その中の一つがオキシクリーンになります。

使い方は簡単。ぬるま湯で溶かすだけ

水筒の蓋部分に茶渋がいっぱい(汗)

水筒の蓋部分に茶渋がいっぱい(汗)


ぬるま湯に過炭酸ナトリウムを入れ、綺麗にしたいものを漬け込みます。泡が出てきてジワジワと汚れを浮かします。

分解した水筒の飲み口と蓋を、ボウルに入れて様子を見ました。あまり変化も見られなかったので、しばらく放置してから見ると、泡が沢山出ていることに気がつきました。でも、まだ汚れは取れていません。

しばらくつけ置くと、だいぶ綺麗になりました。最後は軽くブラシでこすると、いい感じに。漂白、殺菌作用があるのが嬉しいですね。

溝の茶渋がだいぶ薄くなりました

溝の茶渋がだいぶ薄くなりました


酸素系漂白剤に数時間つけ置きした後は、クエン酸溶液にくぐらせるとぬめりが取れます!

酸素系漂白剤に数時間つけ置きした後は、クエン酸溶液にくぐらせるとぬめりが取れます!アルカリ性を酸性で中和させてスッキリしましょ(^^)


水筒以外では、洗濯槽のゴミ取りネット?糸くずフィルターをつけ置きしてみました。その後ブラシでこすったのですが、つけ置きしない時に比べると汚れが浮いていて面白いぐらい綺麗になりました。

油を保管するポット?も丁度清掃のタイミングがあったので浸け置いたら、ベタベタがみるみるうちに取れる!感動モノでした。

ついでに、一体型で刃が取れず洗いにくいと感じていたVitaMixミキサーも洗浄してみました。見た目は大して変わらなかったのですがその他のもので効果は知っているので綺麗になっているだろうと思っています!ミキサーやナイフなどの金属については、ステンレス素材のものは良いのですが、鋼やアルミ鉄などは錆びてしまうので要注意です。

残りの液体を使い回す

水筒を清潔にしたあとも、まだ泡が出ていたので、調味液に魚を漬け込んでいた少し生臭いバットに残りの液体を入れて放置。嬉しいことに臭いがなくなりました。

食洗機で洗っても魚の臭いが気になり、洗い直すことがあったのですが、過炭酸ナトリウムは使えます!魚焼きグリルやロースターも素材によってはこの方法で洗うと便利です。

炭酸が出なくなった後は単なるアルカリ溶液なので、洗剤の洗浄力をアップしてくれます。液体の汚れ具合によりますが、食洗機や、洗濯機に入れても良いですよ。

なんといっても、放置するだけで良いので使い勝手がいいです。つけ置きをしながら、30年以上前の母の日のプレゼントにお小遣いから買ったつけ置くだけで洗い物ができるジョンソン・エンド・ジョンソンの「あっとかたづけ」という商品を思い出しました。白いボトルに青い蓋だったかな・・・。テレビでCMが流れていたような記憶があります。プレゼントした後に母が使っていたかどうかは定かでないのですが、どうやらその成分は過炭酸ナトリウムが成分だったようです。

時を経て今度は自分が使うことになるとは思いませんでしたが、便利であらゆる物をつけ置きして過ごしています。

Posted in ライフスタイルComments Closed 

関連記事