Jun 9, 2018

梅仕事を息子に託してみた


みそソムリエの峰村です。

美味しそうな梅の実が店先に並んでいますね。

久々に梅ジュースにしようかなと、取り敢えず1kgだけ買いました。
梅ジュースは、我が家の大事なかき氷シロップ。
暑い夏を楽しむためにはちょっとした準備が欠かせません。

ゆっくりのんびり梅仕事する時間も憧れるけれど、
かあさんは中々仕込む時間が取れない。

そこで「梅仕事頼める?」と小学生の息子に聞いたら「いいよ〜」と返事が。

夕飯を作りながら見たらあっという間に終わっていました。

もっと買っても大丈夫だったなー。笑

「やり方覚えてたの?」と聞くと
「前に梅干し作るときに散々やらされたからね」ですって。
毎年手伝ってもらうので、流石に覚えてたみたい。
うん、狙い通り(^^)

子どもは(小さいうちは、かもしれませんが)お手伝いが好きなように思います。
とはいえ、一緒に楽しみながら、重要なことを伝えられる素敵な時間をつくりやすいのは
小学生の間ぐらいかも?そう考えると、意外と短い期間なのかもしれません。

梅仕事のようなものでも、味噌づくりでも、
自分で用意するのが大変なら、イベントに親子参加するのも手です。

さて、次は何をして貰おうかな。

Posted in ライフスタイル, 食育Comments Closed 

関連記事