Dec 15, 2017

電子レンジのマイクロ波が気になる

電子レンジはマイクロ波が気になるので普段からあまり使わないのですが、唯一使うのはご飯の解凍です。

しかし、よく考えたらご飯を食べる頻度は毎日。電子レンジを使うのは1週間に2~3回。そこそこ多い頻度で使っていることになると気がつきました。

電子レンジの噂あれこれ


これらはどれも聞いたり、ネットでみたりしたものですが、

●電子レンジで食品を加熱することにより、タンパク質の変性、抗酸化の損失、ビタミンCの減少があり、物質内に発がん性物質を作り上げる

●普通の餌を与えたネズミと電子レンジで温めた餌を与えたネズミでは電子レンジ餌のネズミのほうが全滅してしまったこと。
人体には一見影響が無さそうですが、餌の量に比べてネズミと人では体の大きさが違うということがあるようです。

●輸血時は低温で保管されていた血液を体温程度に時間をかけて温めてから輸血するらしいのですが、あるときナースが温めを忘れ、
急いで電子レンジで温めそれを輸血した事例では(もちろん体温以上に高温にならないよう細心の注意を払って!)
輸血された方は即亡くなってしまったそうです。

ただの骨折の手術で他に悪いところも無かったらしいのに!です。温めた血液を顕微鏡で調べると、見たことの無い物質になっていたそうです。

●プラスチック容器の場合、電子レンジのマイクロ波がプラスチックの分子を食品中に混入させるおそれがある。

kareido
●ロシアでは、電子レンジの使用について多くの研究が行われた際、健康にネガティブな結果が出たため、1976年に電子レンジの使用が禁止されました。
引用:カレイドスコープさんより

とはいえね、どれも本当のところはわかりません。

でも色々な話を耳にしてから電子レンジを使う度に罪悪感があります。よくないかもしれないと知っていて使い続けることでのこどもたちへの影響が気になるのです。

ご飯の温め代替え方法として蒸し器が思い浮かびますが、面倒なイメージ満載です。でもこの際蒸し器でご飯を温めるとどれぐらい手間がかかるのか、実験してみることにしました。

Posted in ライフスタイルComments Closed 

関連記事