Jan 12, 2016

そうだ味噌の漬け床をつくろう!

味噌の漬け床、使ってみませんか?

misodoko
味噌ソムリエの峰村です。

まずい味噌に出会ったことはありますか?
頂いたお味噌が美味しくないとか、作った味噌がまずいとか(笑)

そういう場合は(その味噌の味にもよりますが)他のお味噌と混ぜて使ってみたり、付け床として活用することをお勧めします。その際に昆布を入れておくだけでも味が良くなったりしますよ。

お味噌を冷蔵庫保存する際に、1つの容器に2種類のお味噌を入れるために真ん中に昆布の仕切りをいれていたのですが、お味噌を使い切る頃には昆布もトロトロ。昆布は味噌漬けになっていてそのまま食べられるし、お味噌にも昆布の旨みが出て味が良くなっていました☆

もちろん、美味しいお味噌で作るのは更に美味しくなるのでおすすめです
別に、不味い味噌だけで作ってくださいという意味ではないので・・・。

わが家には漬け床がいくつかありますが、お弁当にもう一品欲しい時、ご飯がちょっと寂しい時などに大活躍です。

 

味噌の漬け床の作り方

作り方というほどではありません。
半量ずつ異なる種類の味噌を半量ずつ混ぜたものを容器に入れたら味噌床の完成です。

水分が多い野菜を加えた時は、床に浸み出た水分をキッチンペーパーで吸い取り、塩分を足す意味で味噌を追加すると良いですよ。保管は冷蔵庫でどうぞ。

Posted in ライフスタイルComments Closed 

関連記事