Sep 8, 2015

【結論】麹は作るもの?買うもの?


前記事 麹は作るもの?買うもの? の続きです。

自家製糀を沢山つくり考察しました。

糀を作るか買うかについてですが、

用途で使い分ければ自家製麹は有り!

との結論に至りました。

手作りのメリット

・素材にこだわれる
・気持ちにゆとりがうまれる
・購入よりは安く仕上がる
・怒らなくなる

メリットは作る間お世話をすることで、生き物を育ててる時間を楽しく思えます。イライラしてると菌が逃げるそうですので、怒らないように努めることでしょう。その前に容器を空けたときの甘い香り、糀の花がほわほわ見える様子など自宅でできるので、癒やされ怒ることも少なくなります(^^)

動物だとお世話が大変で手を出しにくいかもしれませんが、糀ならば短期間のお世話で済むのにこの癒やされ感!たまりません。

手作りのデメリット

・甘みはプロには叶わない
・品質は一定にはならない
・時間がかかる

やはり、仕上がりは職人がつくるそれとは異なります。見た目は同じようにつくれても微妙な味の違いがあります。もちろん自分でつくるものも美味しく仕上がるのですが、当然のようにプロの味はそれ以上です。とはいえ、自家製でも塩麹や調味料、浸け床などを仕込むにはなんら問題ありませんでした。お味噌も美味しくできましたので、重要なのは麹の仕上がりに応じて使い分けることだと感じました。

今年中に糀づくりワークショップができたらいいな~と思案中です☆

Posted in 発酵Comments Closed 

関連記事