Feb 23, 2017

味見したのは3年モノの醤油ともろみでした


気合豆腐さんにて、醤油仕込イベントをさせていただきました。

このような仕込は中々自宅でできるものではありませんが、その食べ物が(今回は醤油)何からできているものかを知る良い機会になります。そして、作る手間暇や、発酵熟成の時間をじっくり感じていただいた上で味わう自家製醤油。美味しくない訳がありません。仕込んだみなさんのお醤油ももろみも美味しく仕上がりますように!

今回持ち込んだ自家製醤油のもろみは、濃厚な気合豆腐さんのお豆腐と一緒に食べてもイケると大好評!お豆腐に醤油をかけるよりもマッチする~と盛り上がりました。

その持ち込んだ醤油・もろみはよくよく調べたら1年物などではなく実際は2014年仕込の3年モノでした。毎年少量ずつ醤油を仕込むのですが、室内では着実に仕込んだ容器が増殖を続けています。しかも今年はこだわりの絶品味噌の大量仕込を行うので、玄関開けたら味噌醤油の香りがする家になるかもしれません。

今回イベントで試食させていただいたお豆腐は、黒大豆と黄大豆の湯豆腐!黒大豆の湯葉!加藤ショコラ(上記写真)と紅大豆ご飯でした。私が気合豆腐さんでイベントさせていただくときの楽しみは、お豆腐の試食とお買い物です。新井店主のお豆腐に惚れ込んでからというもの、何かにつけてコラボさせていただいております。新井さん本当にいつもありがとうございます。

今回いただいた黒大豆のお豆腐は、寄せ(豆乳をお豆腐に固めること)が難しいそうです。市販品で見たことが無いのはそんな理由だったのですね。しかも、珍しいだけでなく絶品です。これがお豆腐!?というぐらい濃厚でたまりません。書いていたらまた食べたくなってきました。

たまに気合豆腐さんの黒大豆のお豆腐セット(先着順)の販売があるので、ご興味ある方はお取り寄せをオススメします。予約販売で予定数量が終わってしまうことも多いようなので、興味があればお問い合わせいただいたほうが確実です。私も何度も買い逃しています(>_<)ただ、豆腐や湯葉の色がグレーなので見慣れないとビックリされるかもしれません。

 

イベントが終わり帰宅してからの話。
わが家の息子が好きな醤油は「味噌たまり」とマニアック(醤油なのか?)ですが、イベント翌朝、利き醤油で使ったお醤油たちを自宅のテーブルにあったからか、気合豆腐さんの湯葉に合う醤油を見極める!と平日の朝より利き醤油をしておりました。

私は気合豆腐さんの湯葉は何も付けないで頂くのが好きなのですが、彼は「甘めの白醤油を少量付けるのが良い」という結論に至っていました。自分の小学生時代を考えると、贅沢極まりない小学生の朝食です。

そんな息子の保護者会に行くと、子どもからの親へのメッセージに「いつもいろいろなことを教えてくれてありがとう」とありました。今でこそイベントをさせて頂いていますが、最初は子ども達への食育の観点から、手作り食や調味料作りを始めたので、子どもの食に対する知識が増えたことには手応えを感じています。

しかし、彼らの舌がどんどん肥えてきているのでエンゲル係数の上昇は心配なのでした。

Posted in イベントComments Closed 

関連記事