May 30, 2016

味噌仕込&豆板醤作りでした@5月の古民家ウィーク

5月25日と29日の2日間は
asagoroの古民家WEEKにお声かけいただき、
お味噌仕込と豆板醤作りを開催させていただきました!

asagoroは鷺ノ宮にある築95年の古民家です。
(築93年とWebには書いてあるけれど、実際は築95年らしいデスよ)

冬はとても寒く上着を脱げない場所ですが、
今ぐらいの時期はとても気持ちが良く過ごせます。

古民家WEEKは一般で参加させていただいたことはあったのですが、
主催側で参加させていただくのは初めて。

最初は小部屋にて味噌仕込みのイベントから開始となりました。

 

お子様連れOKの米味噌作り


基本の米味噌作りを午前と午後の2部で開催しました。
お子様連れOKとしていたため、短時間集中での仕込と座学でしたが、
若干時間をオーバーしてしまいました。反省。

ただ、短時間ながらもポイントはしっかりお伝えさせていただいたので、
みなさんもうご自分で美味しいお味噌の仕込ができるようになっているはず。

作ったお味噌は、
ご自分だけでなく、お子様と、ご家族と、大切な方と、これから誕生する赤ちゃんと、
楽しんでいただけたら嬉しく思います。

イベントにご参加いただいた方から「つくっちゃいました~!」「おいしいです~!」
などという連絡をいただけると嬉しいので、ご報告おまちしております~!(^^)

 

手作り豆板醤


古民家WEEK最終日は、豆板醤仕込をさせていただきました。本イベントは以前のイベント時に「豆板醤作りたい!」とリクエストいただいたことにより開催の運びとなりました。どうもありがとうございます。
 

そら豆は、莢(さや)がついている時はもの凄く大量にあったのに、皮を剥いてしまうとこれっぽっちになるのが寂しいです。(イベントで使用する量を日常で買う事は無いので「大量」には違いませんが・・・。)幾ら嵩が減ったとはいえ荷物は多いので、自転車で搬入できる天候であったことはとてもラッキーでした。


予め仕込んでいた豆板醤。
こちらご試食いただく用に持参し、当日仕込んだものと比較していただきました。
お昼ご飯後のイベントだったのですが、ご飯がすすむ辛さです(^^)


和気藹々と仕込んだ後は、試食や持ち寄りを味わいながらの懇談です。タイ料理の優しい甘さのカボチャプリン、無農薬レモンでの塩レモン、夏の日本酒、など、お持ち寄りいただきました皆さま、どうもありがとうございました。


みなさん左手と右手で異なる種類の豆板醤を持って、記念撮影です☆原材料が異なるため仕込時から色が異なっていましたが、完成時の味比べは今から楽しみですね。

レッスンが終了し帰宅すると、豆板醤イベントだったことを配慮したのか(?)夕飯に麻婆豆腐を作ってくれていました。ありがたいー♪ 家族に感謝です。

次回の豆板醤仕込は、少し寒くなった頃に仕込み方と材料を変えての開催を検討中です。
とはいえ、みね村のイベントはいつも不定期開催なので、ご興味あるイベントがありましたら
ぜひメールや直接リクエストをお願いします。その方が確実です。笑
 

直近のイベント

Posted in イベントComments Closed 

関連記事